↑応援していただける方、内容良かったら押してください。



↓応援していただける方、内容良かったら押してください。

にほんブログ村

2つあって恐縮です。


妻が去ってから、再来日するまでは意外と短く感じた。次に来られる日が分かっているので、心もわくわくしていて、なんとなく短く感じたのだろうか。

今回は一年という期間のビザのため、お互いに満足して新しい生活を臨んだ。

ワーホリの利点は、働くことができること。早速英会話先生の仕事を見つけてきた。名古屋という場所柄か、多くの募集があったみたい。大手の子供相手の仕事で、請負ではあったが、待遇はとてもよかった。計算してみると、1日1時間~2時間の仕事をやっていれば、私より給料が多いことがわかり、少し不思議な気分だった。

休みの日は、いろいろ出かけた。一度連休をシフト上で組まれたことがあり(めったになかったので、なぜかわからないが)、チャンスと思い、京都に連れていくことにした。妻も日本に初めて来る前に日本の5重の塔の夢をみたらしく、京都にはとても興味を示していた。名古屋からは、非常に行きやすかった。確かバスが安かった。宿もそこそこのところではあるが、和風の雰囲気を残しており、外国人も多かった。

京都では、メインどころをまわり、夜の塔の景色をみたときには、夢と同じだったらしく、感動していた。私も京都など修学旅行依頼で、当時もしっかり見ていた記憶もなく、今回はしっかり見学をして、日本文化の景色を堪能した。

6月位になると、仕事でアメリカに研修に行くことになり、妻を1人残すことになった。私は気にしていなかったが、父が大変気遣ってくれ、その間妻は静岡の実家に預かる?ことになった。8日間程だったので、仕事も2,3日入っていて、静岡から通ったらしい。私のいない私の育った家で、妻は私の愛犬と散歩をして、父と母と過ごし不思議な気分だったらしい。父と母は大変妻に親切に優しかった。

夏には、母からプレゼントとして、ディズニーランドのチケットをいただき、夏休み10日間を頂くタイミングで行くことができた。初めてディズニーに相思相愛の人と来ることができ、今までと違う雰囲気で楽しむことができた。これ以降子供を連れてのディズニーはストレスばかりで、同じ場所も行くタイミングや環境で変わるのだなと今つくづく感じる。

夏休み最終日妻と近くの電気屋に行きマッサージ器でリラックスしていると、携帯に店から電話がかかってきた。店長だった。夏休みはどうだったかと気遣いの電話があり、なんか変だなと思って受け答えしていると、店長の口調が少し真剣になり、語り始めた。

実は、高松へ転勤が決まりました。

へ??この地にきて一年も経ってないのに。転勤の多さでは覚悟をしてくれという会社説明会で理解はしていたが、こんなに早いとは。その時は急激に成長していて、新店舗も常にオープンしており、社員はどんどん異動させられていた。店長からは実は私も関西の新店舗へ異動なんだよ、と言われ、お互い同調して終わった。

さぁ、妻になんて言おうか。仕事はとてもうまくいっているのだ。実家からも遠くなってしまうな。