妻がイギリスに帰っている際、2年前の5ポンド札を使おうと思ったら、断られ、どうも廃止になったらしい。

途中、改定が入り、プラスチック製の壊れない札に変わったみたい。偽造もしにくいのだろう。一部コインも
変わったみたいで、世界一偽造しにくいコインになったみたい。。。

ここからがイギリスらしいところ。

妻にアドバイスして、銀行で新しい札に変えてもらいなと言い、行ったところ、アカウントがないからできません、
とのこと。イギリスの公的機関は比較すると、日本より冷たいところが多い。

調べてみると、あとは、イングランド銀行に郵送で手続きをするしかないみたい。不便すぎる。

もちろん猶予期間はあったみたいだが、短いなぁ。

ただ、背景には、移民が多くなり、犯罪も増え、偽造紙幣や硬貨対策を早急にする意気込みだろう。
妻も感じているところは、空港内の景色も様変わりし、イスラム系の人がとても増えているみたい。

日本人のイギリスのイメージも、大分違うのだろうか。

田舎のスコットランドは、それでも、移民もまだ少なく、昔ながらのイメージだと思う。

仕えなかった5ポンド札どうしようか。ただの紙切れになってしまった。

昔はまっていた、旧紙幣コレクションでも始めようかな。